「腸内細菌が移ると肥満も移る」:医療現場での出来事を紹介

この記事のポイント

腸内細菌が肥満の原因である

こう言われると驚く人も多いと思います。しかし、腸内細菌が肥満の原因になっていることは、2006年に証明されています。

今回は、2006年に証明された「腸内細菌と肥満の関係」について復習した後、実際の医療現場において「腸内細菌を介して肥満が人から人に移った例」を紹介します。

「インフルエンザじゃあるまいし、肥満が人に移るってどういうこと?」と思った人はぜひ続きを読み進めてみてください。


【筆者】山口 幸三

  • 2003年:北海道大学農学部 卒業
  • 2005年:北海道大学大学院農学研究科 修士課程 修了
  • 2005年~2017年:協和発酵工業株式会社(現 協和キリン株式会社)
    がんや慢性腎不全の治療薬研究に従事。また、腸内細菌に関するプロジェクトを社内で初めて立ち上げ、プロジェクトサブリーダーとして研究を牽引。
  • 2019年:株式会社フローラボ設立
腸内環境に関する専門知識を背景に、腸活関連の事業を推進。健康食品の開発・販売、ファスティングや腸活ダイエットのサポート、事業者向け腸活勉強会などが主な仕事。企業などから講演を依頼されることもある。


1.腸内細菌が移ると肥満体質も移る:マウスの場合

冒頭に述べたとおり、腸内細菌は肥満の原因になります。このことはノーベル賞候補にも挙げられているワシントン大学のジェフリー・ゴードン教授が2006年に証明しました。

ゴードン教授が発表した内容を要約すると以下のとおりです。
    • 太っている人とやせている人の腸内フローラ(腸内細菌全体のこと)を解析した結果、太っている人にはデブ菌が多く、やせている人にはやせ菌が多いことがわかった(デブ菌の正式名称はファーミキューテス、やせ菌の正式名称はバクテロイデス)。

  • 肥満マウスの腸内細菌を無菌マウス(腸内細菌がいないマウス)に移植すると、移植されたマウスが太った。

(参考文献:Nature, 2006, Vol.444, p.1027

腸内細菌が移ると肥満も移る

ここでのポイントは「肥満マウスの腸内細菌を無菌マウスに移植すると、移植されたマウスが太った」ということです。このことから、「腸内細菌が原因で肥満になる」と考えられるようになったのです。

この研究成果が発表されて以降、世界中で「腸内細菌と肥満の関係」に関する研究が行われるようになりました。そして、実際の医療現場においても「腸内細菌が移ると肥満も移る」という出来事が起こったのです。

2.腸内細菌が移ると肥満体質も移る:人の場合

今回紹介する事例は、実際に米国の医療現場で起こった出来事です。その概要は以下のとおりです。

  • 米国に体重66kgの普通体型の32歳女性がいた。
  • 彼女は抗生物質の服用が原因で、クロストリジウム・ディフィシル感染症という重い腸疾患を患っていた。
  • 治療のために、彼女は娘の腸内細菌(=うんち)を自分の腸に移植する「便移植」という治療を受けることを決意した。
  • 便移植を行ってから、彼女はどんどん太ってしまった。

(参考文献:Open Forum Infect Dis, 2015, ofv005.

患者の腸に健康な人の腸内細菌を移植するという「便移植」は、クロストリジウム・ディフィシル感染症に対してとても有効です。そこで、彼女は10歳代の娘の便を自分のお腹に移植することにしたのです。


便移植のやり方:便の準備
便移植のやり方:移植方法は3通り
Science, 2013, Vol.341, p.954の図を一部編集)

便移植の効果は大変素晴らしく、母親の症状は改善しました。ところが、少しずつ体に異変が生じました。もっとも顕著な異変が体重増加でした。便移植をする前と比較して母親の体重は以下のように変化したのです。

 体重BMI
移植前 66 kg 26
移植して1年4ヶ月後 77 kg 33
移植して3年後 80 kg 34.5

※ BMI:体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)で算出される肥満指数。日本では25以上、アメリカでは30以上が肥満とされている。

このように、便移植を行った後に、体重が着実に増加していったのです。さらに、便秘や原因不明の消化不良などの不調も起こすようになってしまいました。

3.肥満体質が移った原因とその対策

母親には肥満歴がなかったため、便移植後に肥満体質になってしまった原因が調べられました。そして、主な原因として「娘が肥満体質だったこと」が挙げられました。

ゴードン教授の研究成果もあわせて考えると、今回のケースでは、「肥満体質である娘の腸内細菌が移植されたため、母親も肥満体質になってしまった」と考えることができます。

母親からすると、クロストリジウム・ディフィシル感染症は治ったものの、体質も変わってしまったということになります。

医療現場でこのような例が報告されたのはこれが初めてでした。しかし、このときの教訓があったため、医師らは「便移植のドナー(便の提供者)を選ぶときは、病歴や健康状態だけでなく、肥満歴も考慮する必要がある」と考えるようになりました。

このように、実際の医療現場でも「腸内細菌が移ると肥満も移る」というケースが確認されました。今回は肥満体質のドナーの便が使われましたが、もしドナーがやせていた場合は、患者もやせた可能性があります。

このことから、便移植は生活習慣病の治療に応用できるのではないかと期待されています。つまり、太っている人にやせている人の便を移植することで、ダイエットできるのではないかと期待されているのです。将来、そのようなダイエット法が開発される日が来るかもしれません。

4.まとめ

  • 腸内細菌が肥満の原因になることは2006年に示されている。
  • あるアメリカ人女性が「便移植」を受けたところ、移植後から体重が増加しはじめた。
  • 体重増加の原因は、「肥満体質の娘の腸内細菌」であると考えられた。

今回は、「肥満と腸内細菌の関係」について復習した後、アメリカの医療現場で本当に起こった出来事を紹介しました。

腸内細菌が肥満の原因になっていることから、腸内環境を整えることは肥満予防やダイエットにとても重要と考えられます。きれいにやせるためにも、普段の食生活を見直し、良好な腸内環境を維持するよう心がけてみてください。



公式LINEのご案内
腸活やダイエットに役立つ情報を無料配信中!友達登録で3つの特典をプレゼント! LINE登録の特典
LINELINE